情熱  ~YEG is short








皆さん、熱いハートを持っていますか!? 中国経済の減退や原油価格の大幅下落から来る社会経済全体の低迷や、国内では消費増税、春日部では西武撤退などネガティヴな話題が多く、まだまだ経済状況も厳しい昨今ですが、我々青年経済人は常に先を見据えチャレンジし続ける事を要求されます。また、我々春日部YEGでも多くの課題を抱えている現状があります。仕事でもYEG活動でも、何においても熱いハート=想い=情熱をもって取り組む事が大事で、情熱こそがチャレンジ精神を維持し、課題解決の糸口となり、そして成功への足がかりになると私は思っております。

常に前を見て走り続ける為に、また想いを形にする為に本年度も「情熱」をテーマに皆様と共にYEG活動に取り組んで参りたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

さて、昨年度は、まず仲間を知り我々春日部YEGの基盤であるメンバー同士の絆、仲間意識を深めようと言う想いから「事業所紹介」を研修会の柱にして研修会事業を行ってまいりました。本年度はそれに上積みをし、更に仲間の事を知り、そしてYEG活動を知り、この春日部YEG全体の活性化を図る事が出来るような研修会事業を各委員会・支部会等に企画・運営をお願いしたいと思っております。活性化を図るような研修会事業のあり方は色々あると思いますので、各担当委員会・支部会等で創意と工夫を持って取り組んで頂けることを確信しております。

また、平成29年度には埼青連主催事業である「研修と交流の集い」が、そして、平成30年度には関青連主催事業である「関東ブロック大会」がこの春日部の地で開催されます。それに向けて各実行委員会を中心に成功への歩みを着実に刻んで行くことも本年度に課せられた重要な課題です。本年度は、今まで以上に多くのメンバーに対外事業への関心と参加を期待しており、春日部で開催される2つの大きな大会へ共に準備し進んで行きたいと思っております。

単会事業も県連等の事業も、多くのYEGメンバーが企画・運営等に関わっております。事業の立案には多くの時間を費やす事が当たり前ですが、いったい誰の為に開催されるのでしょうか?企画する側の経験値やスキルの向上という側面もあるでしょうが、企画する側は「参加者に喜んで貰いたい。何か少しでも事業に通じるものを感じて貰いたい。」と自分たち自身では無く相手を想い企画するものです。その想いに応えることができるのは、メンバー1人1人それぞれでしかありません。~YEG is short~我々がYEGとして活動できる時間は限られています。この仲間でしかいられない限られた時間を、この仲間と、この仲間のために情熱をもって走り抜ける。そんな汗臭い青春映画チックな時間がYEGにあっても良いのかもしれません。私としては、「仲間の為に…」と言う想いと「それに応える想い」をメンバー全員に期待する平成28年度です。

本年度もよろしくお願い致します。

春日部商工会議所青年部 会長 井上 浩伸